はじめての仮想通貨!仕組みと始め方を初心者向けに徹底解説!

はじめての仮想通貨!仕組みと始め方を初心者向けに徹底解説!

仮想通貨とは?


仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。

仮想通貨の種類は1,500種類以上あるといわれています。

仮想通貨は儲かるのか?

「億り人」という言葉を、すでに多くの人が1度は耳にしたことがあると思います。億り人とは“1億円を稼いだ人”を差す言葉です。仮想通貨元年であった2017年は、どんな仮想通貨を買っても何十倍にも利益が出るのが当たり前でした。

ビットコインは2017年初めから比較すると、20倍以上の価格をつけた時もありました。しかし、コインチェックのハッキング問題や、仮想通貨をうたった詐欺などが横行し、今現在は仮想通貨を買うだけで何倍、何十倍と利益の出るものではなくなってしまいました。

仮想通貨のリスク

仮想通貨のリスクという部分では、コインチェックで起こったNEMのハッキング問題のように、セキュリティー面のリスクが挙げられます。

仮想通貨は、取引所などのオンラインで保管するとハッキングの可能性が出てきます。メールアドレスとパスワードがあれば、ログイン出来てしまうので、数分で全ての資産を抜かれてし
まう事も考えられます。

また、いつも使っている取引所と全く同じデザインだったのに、実は「別のサイトだった」というフィッシングサイトの詐欺もあります。ログインしようとID・パスワードを入力すると、入力内容を抜き取られ、気づかない内に資産が移されてしまう事があります。

トレードをする上で、ボラティリティ(値幅)が高いというところもリスクであると言えます。

最近では、ICOを利用した詐欺も横行しているので注意が必要です。トークンというのは、本来、「今すぐ儲かる」という類のものではないのです。「どのように実用化されるのか」という未来を見せるのではなく、「儲かる」ということを強調しているコインは、詐欺である疑いをかけた方がいいでしょう。

仮想通貨の現状

日本国内の取引所での仮想通貨の取引高合計は、2017年12月の段階で約2000億円だといわれています。

世界全体での仮想通貨の取引高が約5兆円といわれており、世界中の取引の約4%が国内の取引所で行われているということが分かります。

現状では、相場全体が2017年に比べると下げ相場となっています。

仮想通貨の現在の立ち位置は2017年と比較した場合、取引所の運営まで規制が施行されつつあり、日本においては、今後許可のない取引所の運営は不可能となります。

2017年の年末と比較した場合、その時の2分の1以下の価値となっている仮想通貨も少なくありません。その要因として【仮想通貨のリスク】で取り上げたようなことが関係していると考えられます。

仮想通貨の展望

新しい投資対象として注目されていることに加え、各国ではその価値の変動制、匿名性の高さに着目しています。その為、自国の資金をまもるという名目で規制を行っている国は多々あります。しかし、仮想通貨の本来の役目は法定通貨とのレート交換ではありません。

仮想通貨の機能として、契約内容そのものを相互分散・管理のブロックチェーン技術にて保持できるもの、独自のネットワークで繋いだ金融機関の送金をよりスムーズにするものなどがあります。

IT、銀行などの業界が、積極的に仮想通貨・ブロックチェーンに投資を行っているが、そうした企業よりも、医療業界や保険業界の方がより大きく同技術の恩恵を受けると考えられています。ブロックチェーンによって、不履行や不正のリスクが限りなく排除されたスマートコントラクトの時代を想像した場合、そうした業界との親和性が高いといえるでしょう。

ICOとは?

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)
別名:クラウドセール、トークンセール
ICOとは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことを指します。投資家に「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

ICOの仕組み

出資する側がICOをする企業に出資を行い、トークン(証券)を発行する仕組みになっています。つまり、トークンを購入してもらうことで資金を調達する仕組みになります。

ICOの9つのメリット

1. 集めた資金は配当を支払う必要がない
2. 集めた資金に株式(会社の所有権)を発行する必要がない
3. 利子の支払いがない
4. 投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
5. ネットを利用して、グローバルなマーケットを相手に資金調達できる
6. 小さなベンチャー企業や個人でも利用が可能
7. 支払いは仮想通貨のため、インターネット上で払い込みが完結
8. 投資サイドは、小額からの資金提供ができる
9. 投資家は、購入したトークンやコインをインターネット上でいつでも転売可能

ICOとクラウドファンディングの違い

クラウドファウンディングとの大きな違いは2つあります。

1. 主催者側から独自で発行されているトークンが、出資を募ることで完成したサービスを利用できる
2. トークン自体が、売買できる仮想通貨となること

ICOは儲かるのか?

ICO投資側のメリットは以下の通りです。

1. ICOする側が発行したトークンを通貨として利用できる
2. サービスやプロダクトが成功すれば、トークンの大きな売却益を得ることが可能
3. 株主優待のようなメリットをサービスによっては受けることが可能

ICOの成功事例

銘柄:Neo(NEO)
ICO価格:$0.032
高値:$194.20(+606875%)
銘柄:Spectrecoin(XSPEC)
ICO価格:$0.001
高値:$6.43(+643000%)
銘柄:Ethereum(ETH)ICO価格:$0.311
高値:$1399.83(+450106%)

上記3つの事例を見ても、数年で4000-5000倍になっていることが分かります。これは仮に当時1万円分購入後、保有し続けていたら4000-5000万円の価値になっていたということになります。

投資期間が1年未満の通貨でも、有望なプロジェクトを買うことができていれば、半年で資産が100倍に増えるということが現実に起こりました。そのため、資金を出したいという投資家が増えて昨年からICOのプロジェクト自体も急増しました。

ICOのリスク

投資する側から見た場合、ICOのトークンにはリスクがあります。

株式の場合、株主は会社のオーナー。株主総会で経営に意見することができますし、インサイダー取引などの不正で損をしないように国の機関が監視するなど、株主の権利は手厚く守られています。

一方、ICOのトークンは、価値の明確な裏付けがありません。法的な議決権もないので、どれだけ買い占めても、経営に意見することはできません。つまり、期待して買ったトークンがタダ同然になるリスクもあるのです。

実際海外では、ICOで資金を集めた後に企業が消えた、いつまで経ってもサービスが始まらないといった事例が相次いでいます。

ICOの現状

最近では、ICOを使って集金をし、プロジェクト自体の進行をせずに、トークン自体の価格もセール時の価格からみると10分の1となるICOなども存在しています。

2018年に実施されたICOについてデータを元に分析すると、同年に実施された74のICOのうち、実に76%がICO価格割れを起こしていることが分かりました。

トークンの平均価格はICO時の90%ほどになっているようです。

取引所に上場済みのICOのうち、原価割れを起こしている56トークンのみについて見てみると、USD建ての平均価格はICO時の45%程度にしかならないことが分かっています。

また、情報商材として扱われていたり、代理店販売が行われ本来のICOの性質とは違っているものもあります。その他、プレセール時においての値段のつり上げすぎているという問題もあります。そのような通貨は上場前に売りすぎていて、上場後には売り抜きたい人間が多く、価格の維持が困難になります。

このような現象もICO本部の集金に対しての執着心が招いていると考えられます。

ICOの今後の展望

ICOのリスクを見てわかる通り、現状、プレセール価格よりも大幅に価格割れが起きてます。

その原因としては、ホワイトペーパーに記載されている事業が全く進んでいない、または、ICOの本部が価格を維持するためにマーケットメイクを行わないことが挙げられます。

今後、そのようなICOは販売中止や金融庁からの処分などの規制が入ります。その中でも成功事例で挙げたような優良ICOだけが残ることが予測されます。

優良なICOとは

今後はサービス、ホワイトペーパーに記載のある事業がすでに実走されているか、または、それが可能であるかが重要となります。
また、チームメンバーが金融の知識があり、マーケットメイクが可能かどうかも大切なことになります。

ICOでは以下のことが大切になるため、しっかりと確認をしてください。

1.誰がやっているか(チームメンバー)
2.サービスは現実的であるか、または、すでに稼働しているか
3.暗号通貨としての性質を活かせるプロジェクトであるかどうか

仮想通貨の稼ぎ方

億り人とは?

億り人:仮想通貨を買って何十倍にも利益を出し、 1億円以上を稼いだ人を差す言葉。

仮想通貨元年といわれる2017年、この言葉が世間に広く浸透しました。例えば、ビットコインに関しては年初から比較すると、20倍以上の価格をつけた時もありました。しかし、今現在は仮想通貨を買うだけで何倍、何十倍と利益の出るものではなくなってしまいました。そんな今からでも億り人になるための方法を紹介していきます。

方法1:ビットコインの購入

【メリット】
・取引所に登録するだけですぐに実践できる
・時間がない人でも取り組むことができる
・“リスクリワード”や“ドルコスト平均法”などの資金管理を用いることで、より利益が出やすくなる
【デメリット】
・ビットコインの相場価格に依存してしまうので暴落や下落相場には耐えられない

方法2:アルトコイントレード

【メリット】
・分析方法が豊富
・出来高や板、チャートを見れる人は利益が出しやすい
【デメリット】
・出来高や板、チャートを見るのがなかなか難しい
・利益と損切の確定する場所を決めないと塩漬けになり、稼ぐための時間が長くかかったり損をするケースが多い
・ビットコインが暴落するとアルトコインからも資金が抜けていく

方法3:ビットコインFX(BTCFX)

BTCFXはとっつきにくさはありますが、為替でも稼ぐことが可能なため、おすすめです。

【メリット】
・上昇相場、下落相場どちらでも利益を出すことが可能
・やり方によってはビットコインを買うことのリスクヘッジとして、価格が上がるごとにショートポジションを置く方法もある
【デメリット】
・最初にある程度FXの知識を入れる必要がある

方法4:ICOの利用

簡単にいうと上場前のコインを安く仕入れることです。

【メリット】
・良いICOコインであれば、上場時に〇倍、〇十倍と価格が高騰する
・時間を使わない
【デメリット】
・上場しなければ、日本円やビットコインに戻すことができない
・数が多く見極めが難しい