モスクワ政府がマーケット運営の透明性のため、イーサリウムを使用する

モスクワ政府がマーケット運営の透明性のため、イーサリウムを使用する

モスクワ政府は週末の農家市場で取引場所を割り当てるシステムとしてイーサリウムを使う。ロシア内外から1万5千の農家が取引を行うが毎年2万人の応募者が入札に参加する。
入札の結果の不透明さが問題であったがイーサリアムの使用によって、その懸念が解消されると期待される。

ニュースソース:
https://www.coindesk.com/moscows-government-to-use-ethereum-to-promote-transparency-in-commerce/