日本の医療

日本の医療

日本の医療制度の概要

  • 公的、私的または普遍的な健康保険: 国民皆保険
  • 健康保険の加入者の割合:それは義務的なので、100%カバーされているはずですが、少数の例外もあります。
  • 救急時の病室使用の平均費用は、  健康保険に加入している場合は10,000〜15,000円
  • 医師の診察の平均費用:5,000〜10,000円
  • 一人用健康保険の平均費用:給与の約5%。
  • 薬局数:53,000軒以上、人口10万人におよそ42軒。 コンビニエンスストアよりも多くの薬局があります。
  • 病院の数:わずか8,500以下

日本のお金は円で表されています – それは取引市場で円として書かれています。 表示されるシンボルは、日本国内では¥、または円です。 世界の為替市場が絶えず変化しているため、通貨間のコストを比較することは決して容易ではありません。 しかし、オンライン通貨のコンバーターはあなたのお金が現在円に対してどれだけの価値があるか最新の数字を教えてくれます。

執筆時点では、これは大体の円の国際的価値です:

  • ¥10,000 = £71
  • ¥10,000 = €76.70
  • ¥10,000 = US$91.62
  • ¥10,000 = AU$115.18

日本の医療制度:パブリック、プライベート、ユニバーサル、ナショナル、ステート、シングルペイヤー – それはどれですか?

日本には国民皆保険があります:すべての日本国民が国家によって提供される健康保険に加入することが法的に要求されています。 このカバー範囲は非常に徹底していて、人々がシステムの一部である大多数のうちの診療所や病院を自分で選択する権利があります。 短期間の訪問者にとっては国際プライベートヘルスケアが唯一の選択肢であり、公的なカバー範囲を補うために日本では他のプライベートオプションが利用可能です。 しかし、システムは健康保険の周囲に構築されています。

 

日本の病院

大多数の病院は標準的な日本の健康保険を受け入れており、標準料金の30%を請求しますので、病院訪問は財政面ではそれほどストレスがかかるはずはありません。 しかし、あなたが医者からの紹介を受けていない場合、しばしば費用が高くなることに注意してください。 また、彼らはクレジットカードより現金支払いを好む傾向があります。

各病院のスケジュールをチェックする必要があります。病院によって違いがあるからです。訪問する前に予約が必要かもしれないし、不要な場合もあります。初診の際には訪問出来る時間は毎日数時間しかないかもしれません。紹介無しで訪問する場合は断られて他の病院に行かなければならないかもしれません。

あなたはしばらく滞在するかもしれません – 通常の手術でさえ、通常、病院のベッドで数日を要します。 例えば、ヘルニア手術は、5日間病院に滞在します。

日本の保健医療は ー雇用保険料と税金で資金調達されたハイブリッドシステムー、普遍的で義務的であり、国内総生産の約8%、米国の半分程を消費します。 米国の制度とは異なり、既往症のために保険が掛けられなくなったり、家族が病気になっているため破産したりすることはありません。

しかし、多くのヘルスケアエコノミストは、日本の低コストシステムはおそらく大きな変化なしに持続可能ではないと言います。 日本はすでに世界で最も高齢化が進んでいます。 2050年までに40%は65歳以上になるでしょう。 がん、卒中、アルツハイマー病の割合が着実に増加しているため、この混合疾患は治療費用がより高価になってきています。 コンサルティング会社のマッキンゼー&カンパニーによる最近の分析によると、医療の需要は今後25年間で3倍になります。

在留外国人に対する調査では、日本の医療制度は外国の医療制度より優れている

外国人の半分以上が日本の医療制度が一般的に自国の医療制度より優れていると感じています。これは特に米国市民の間で顕著な傾向であり、4人中3人が高い評価を受けています

2月5日から2月9日までオンラインで実施された、帰化した日本人を含む48の国籍の263人からの回答を得た調査によると、日本の医療が手頃で高品質であると多くの人が考えていることも分かったが、医師のベッドサイドでのマナーの乏しさと、複雑すぎるシステムが問題とされた。

回答者のうち、29.3%が日本の医療が「より良い」、25.1%が「やや良い」、18.6%が「ほぼ同じ」、15.2%が「やや悪い」、 「もっと悪い」と答えた人は11.8%だった。

日本のシステムの強みを挙げると、170人は手頃な価格、132人は一般的に高品質、116人は効率の良さを挙げた。

弱点を挙げると、123人は医者が親しみにくいと答え、107人が複雑さを、74人が非効率を挙げた。

EMIは、この問題の根源は、患者、医療提供者、支払人がどのように情報を交換して検証するかのプロセスにあると考えています。 今日のシステムでは、患者は自分の情報の所有者ではありません。 医療提供者と支払人は、患者のリアルタイムの承認なしに、その情報を使用してお互いに取引します。 潜在的な消費者のリスクに対処するために、革新のペースを遅くしている規制と抑制と均衡が存在しています。

 

最後に:

決定は、それを作らなければならない情報と同じように優れています。

現在のヘルスケア・システムには、患者データを安全に保管することができず、情報を使用してトランザクションが適切に制御され、全体の結果が悪くなることがあります。

 

患者のより良い成果を達成するために焦点を移す必要があります。 予防措置への参加を増やすこと、安全なデータ・ストレージと制御を活用して無駄を減らすことができます。