仮想通貨ウォレットの作り方とは?種類とオススメを一挙ご紹介

仮想通貨ウォレットの作り方とは?種類とオススメを一挙ご紹介

仮想通貨ウォレットの作り方とは?種類とオススメを一挙ご紹介 !

仮想通貨ウォレットとは?


せっかく購入した大事な仮想通貨ですから、安全に確実に保管しておきたいですよね。仮装通貨の初心者は、購入した通貨を取引所に置いたままの人も多いかと思います。普段私たちが現金を保管するのに財布を使うように、仮想通貨にも財布(ウォレット)があります。ウォレットはハッキングなどのリスクからあなたの資産を安全に守ることができます。ウォレットにはいくつかの種類があります。それぞれの特性を理解し、自分に合ったものを選びましょう。

仮想通貨ウォレットの種類


仮想通貨ウォレットの種類は、大きく分類して4つあります。

・ウェブウォレット
・デスクトップ(ソフトウェア)ウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット

では、それぞれについて解説していきます。

ウェブウォレットとは


ウェブウォレットは、

・取引所
・オンラインウォレット

などがあります。あなたの資産はオンライン上にあり、IDとパスでログインし管理します。手軽に利用できるぶん、セキュリティは他の仮想通貨ウォレットに比べて脆弱です。オンライン上にあるので、常にハッキングの危険性があります。また、取引所は倒産のリスクもありますので、仮想通貨をウェブウォレットに置いておくのはあまり安全な手段とは言えません。

デスクトップウォレットとは


デスクトップ(ソフトウェア)ウォレットは、パソコンに仮想通貨を保管するソフトをダウンロードし、オフラインのローカル環境で使うものです。クライアントウォレットと呼ばれることもあります。

オフラインのため、ウェブウォレットのようなハッキングのリスクはありません。その点ではウェブウォレットよりは安全と言えるでしょう。しかし、PCそのものが破損したり、ウィルスに感染し、資産が取り出せなくなるというリスクがあります。

ハードウェアウォレットとは?


Photo credit: Jaro Larnos on Visualhunt / CC BY

ハードウェアウォレットは、コールドウォレットの中の1つの形です。USB型で、小さな液晶画面がついています。仮想通貨の取引をしたい時にPCにつないで、秘密鍵となるコードを入力して資産を管理します。ウォレットを使わない時はPCから取り外してオフラインにしておけるので、ウェブウォレットやデスクトップウォレットのようにハッキングやウィルス感染のリスクがありません。

また、鍵となるコードを紙に控えて保存しておけば、万が一ウォレット本体を紛失したり損傷したとしても、資産を復元することが可能なので安心です。安全性が高いハードウェアウォレットですが、デメリットとしては、

・他のウォレットに比べて高価(1~2万円)
・海外製品が多いので、購入のハードルが高い

という点が挙げられます。

ペーパーウォレットとは?


ペーパーウォレットとは、 コールドウォレットの中のひとつで、現時点では一番安全な管理方法と言えるかもしれません。仮想通貨の送金時などに作成される秘密鍵とアドレスを、紙に印刷もしくは記したものです。ペーパーウォレットを作成するサイトがあります。

紙での管理になりますので、ハッキングはありえません。ただその紙を盗難や火事などで消失してしまったらおしまいです。経年によるインクの揮発で文字が読めなくなってしまうトラブルもありますので、注意が必要です。
極論を言えば、秘密鍵を丸ごと暗記してしまうのが最も安全な方法になりますが、忘れてしまうと二度と通貨を取り出せない事にもなりかねませんので、あまり現実的な方法ではないと言えます。

オススメの仮想通貨ウォレットとは?


これまで4種類の仮想通貨ウォレットについて説明してきました。「結局どれを使えばいいのか?」と悩まれる方もいると思います。仮想通貨ウォレットにはそれぞれ特性がありますので、自身の保有スタイルや取引の頻度によって使い分けるといいでしょう。

仮想通貨を長期保有するならハードウェアウォレットとペーパーウォレット


仮想通貨を長期保有したり、取引頻度がそれほど多くない場合は、オフラインで管理できるハードウェアウォレットとペーパーウォレットがおすすめです。

おすすめのハードウェアウォレット

Trezor
Ledger nano S

ペーパーウォレット作成サイト

仮想通貨のペーパーウォレットを作成するサービスはたくさんありますが、ここでは初心者の方でも使いやすいサイトを2つご紹介いたします。

ビットコインのペーパーウォレット作成サイト”bitaddress.org”

ビットコインのペーパーウォレット作成サイト”bitaddress.org”はビットコインのウォレット作成サイトです。PCにインストールして使うタイプのもので、その手軽さからたくさんの人に使われています。ローカル環境の中でウォレットを作成できる安全性がメリットです。
操作も簡単で、初心者の方でもワンクリックでペーパーウォレットが作成・印刷できます。ただ、サイト上では秘密鍵を記録してくれないので、ウォレットの作成と管理は全て自己責任で行ってください。

リップルのペーパーウォレット作成サイト”bithomp”
bithompはリップル専用のペーパーウォレット作成サービスです。プリントアウトした時のデザイン性がとても高く、おしゃれな名刺のようなペーパーウォレットができます。
使いやすいのはもちろんのこと、リップルのウォレット作成サービスの中でも知名度が高く、多くの人に利用されているので安心して使っていただけます。

仮想通貨のトレード用や短期保有ならデスクトップウォレット


仮想通貨を頻繁にトレードしたりする方は、デスクトップウォレットがおすすめです。デスクトップウォレットを使う際は、PCの故障やウィルス感染に注意してください。

いかがでしたか?仮想通貨を取引所や ウェブウォレットに置きっ放しにするのはハッキングのリスクが伴うのでおすすめしません。ハッキングや盗難のリスクを上手に回避して、仮想通貨を安全に管理していきましょう。