ICOコインの価値ってどう決まるの?

ICOコインの価値ってどう決まるの?

こんにちは!
突然ですが、皆さんはこれから上がるであろうコインをなにで見極めていますか?

・チャートを読むテクニカル分析ですか?
・それともニュースなどのファンダメンタル分析ですか?
・はたまたSNS上の有名なインフルエンサーが推すコインですか?

そもそもなにを基準にコインの価値は上下動しているのでしょうか。

そんな皆さんの疑問を僕なりに考察しました。

 

まず、価格がなぜ上下動するのか。

それは当然ですが
誰かが買って、誰かが売るからです。そして売り買いの総量が多い方に相場は動き始めます。
では、人はどのタイミングで売買しているのでしょうか。
これも当然ですが、
今の価格が“自分基準で”割高であれば売却し、“自分基準で”割安であれば購入します。
上記の様な流れで相場は作られていき、やがてそのコインの適正価格が決まります。

ここで皆さんに考えていただきたいのはその【適正価格】についてです。
これが分からなくては、割安か割高かなんて分かりませんし、分からないのに取引をするのは言わば相場の食い物になるだけです。
なので今回は僕なりのICOコインの見極め方を記載していきたいと思います。

ICOの見極め方とは?

まず、ICOとよく比較されるIPO。株式市場での価格の決まり方を参考にしていきましょう。
株式市場は基本的に、その会社の事業成績今後の見通しなどを総合して【適正価格】は決まっていきます。(テクニカル分析や市場動向等は除く)
わざわざ記載する必要もありませんが、事業成績が好調でこれからの見通しも明るい企業の株は買いですよね?

では、仮想通貨の場合はどうでしょう??
IPOの場合は既に事業が進んでおり評価する基準が様々ありますが、ICOの場合は資金調達をしてから事業をする場合がほとんどのためクラウドファンディング的な要素が強いのが特徴です。
そう考えた時にICOの【適正価格】を決める基準は見通しのみ。

要はホワイトペーパー(事業計画書)だけとなってしまいます。
それにも関わらず、今のICOは上場後にプロジェクトが進まないことは多く、言わばお金だけを回収しプロジェクトは進行させる気がない合法的な詐欺が横行しています。

ICOに参加したことある皆さんはぜひ自分が購入したコインの現状を確かめてみてください。

・プロジェクトは進んでいますか?

・価格水準はどうなっていますか?

少なからず、プロジェクトが進まない又は、プロジェクトが非現実的なコインの価値はいずれなくなり売買すら出来なくなります。

前置きが長くなりましたが、ICOを選ぶ基準で僕が最も大切にしているのは

“メンバー”と“実績”

です。
まずメンバーに関しては、彼らがこれまでどんな事業を手掛けてきたのか。どんな分野に精通していたのか。このようなところを見るのがベストです。
ICOということは少なからず2つの分野に精通している必要があります。
1つがIT(ブロックチェーン技術等)ともう1つがプロジェクトでの分野です。
もちろんITの分野については外注している・・・なんて考え方もあるかと思いますが、僕らは投資家なのでその分野のプロフェッショナルがいるのに越したことはありません。

ただ、どれだけ有名な人でも名前だけを貸してる例や、勝手に掲載されてる例なんかもありますので要注意です。

次に、実績です。

ここでまたIPOを例にして記載しますが、IPOの場合は売り上げや会社立ち上げからの年月数、功績など様々なものから判断され上場します。
これはIPOだけに特化したことではなく、ICOであれど重要視しておくべきところかと僕は思います。(エンジェル投資家やクラウドファンディング的な投資をしたい方は除く)

皆さんがこの記事を読んで少しでも自分が投資しているコインに対して違う視点で見たり、他のコインの思わぬ価値に気づいていただけたら幸いです。

 

まとめ

・コインの価値を判断するには【適正価格】を見極めることが必要
・今のICOコインの価値を見極めるのは難しい
・そのためメンバーの実績や実業での実績で判断するべき