【仮想通貨取引所】ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴・登録方法・評判・使い方を徹底解説!

【仮想通貨取引所】ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴・登録方法・評判・使い方を徹底解説!

目次

【ビットフライヤー(bitFlyer)】はこんな人におすすめ!

ビットフライヤーは、特に仮想通貨初心者におすすめの仮想通貨取引所です。
ビットフライヤーでは取扱っている通貨は少ないかもしれませんが、その代わり初心者の人でも安心して利用できるセキュリティと、社会的に信用が高い取引所だというのがメリットです。

 

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の会社概要とは?

運営会社:株式会社bitFlyer
住所:〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
代表取締役:加納 裕三
設立年月日:2014年1月9日
取引所サービス開始日:2014年5月
従業員数:102 人
資本金:41億238 万円(資本準備金含)
株主:加納 裕三、小宮山 峰史、国内・海外ベンチャーキャピタル、国内事業会社
加入協会:一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の取り扱い通貨とは?

・ビットコイン
・イーサ(イーサリアム)
・イーサ(イーサリアムクラシック)
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン
・リスク

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の特徴・詳細とは?

ビットフライヤーは、日本の仮想通貨取引所の中でも最大規模の取引所です。取引量・利用者数共にトップクラスです。今でこそテレビCMを放映している仮想通貨取引所はたくさんありますが、ビットフライヤーはその先駆けでした。
ビットフライヤーの代表取締役である加納祐三さんは日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めています。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】のメリット

・ビットフライヤーは国内最大級の取引量・利用者数を誇ります

ユーザーが多いというのは安心感がありますよね。
また、取引量が多いということは会社が儲かるということですので、倒産するリスクは非常に低いです。

・ビットフライヤーの株主は大手企業が多い

ビットフライヤーは数々の大手企業から多額の出資を受けています。取引所の資金力は、強固なセキュリティを維持するために欠かせないものであり、実際にビットフライヤーはセキュリティ世界第一位に認定されています。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】のデメリット

・スプレッドが高い

売りと買いの間に生じる価格差のことをスプレッドと言います。
ビットフライヤーは他の取引所と比べ、スプレッドが少々高いです。ビットフライヤーで行われる売買のほとんどが、「取引所形式ではなく販売所形式での取引きだから」というのがスプレッドが高い理由です。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の他との違いとは?

ビットフライヤーが他の取引所より秀でている点は、何と言ってもその信頼度でしょう。
三菱UFJキャピタルや第一生命など、大手企業からの出資を受けているという事の他にも、ビットフライヤーは不正出金(日本円)に伴う損害補填制度を開始しました。万が一の場合にも、資産の補償を受けられるというのは嬉しいですね。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】のセキュリティについて

ビットフライヤーは、2018年1月に発生したコインチェックの不正流出事件を受け、これまでのセキュリティ対策をさらに向上させる旨の文書を発表しました。

・コールドウォレット

ビットフライヤーは、所有する資産の80%以上をコールドウォレットに保管していると明言しています。これは万が一、ハッキングによる仮想通貨の流出がおきたとしても、被害は限定的ということを意味しています。

・マルチ・シグネチャ(マルチシグ)

マルチシグとは、秘密鍵をいくつかに分散して管理する技術です。
仮想通貨を送付する際に、複数の秘密鍵を要求することにより、高いセキュリティが実現します。
ビットフライヤーでは、マルチシグに一定の基準を設定しています。また、コインチェックの事件後を受け、その基準を更に厳しくするとの旨も明記されています。

・自社開発のビットコインデーモン

一般的なビットコインデーモンはソースコードがオープンになっているため、攻撃されるリスクがあります。
ビットフライヤーは自社開発したビットコインデーモンを利用することによって、そのリスクを低減しています。

その他にも、世界の取引所のセキュリティ監査を行っているsqueen社が、ビットフライヤーは世界最高ランクのセキュリティを持つ取引所だと発表しています。
このsqeen社の格付けトップ5を見ると、ビットフライヤーは日本国内の取引所で唯一のランクインを果たしていることが分かります。
これらのことから、ビットフライヤーはセキュリティ対策において、日本国内でもトップクラスに力を入れている取引所であると言えます。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の口座開設方法

ビットフライヤーの口座はメールアドレスがあれば簡単にすぐできますが、メールアドレスだけで作る口座は利用できる機能に制限があります。
仮想通貨を売買したり、より自由な取引をする方は「トレードクラス」の口座を作成することをおすすめします。

1.ビットフライヤーのホームページへアクセスする

ビットフライヤーのホームページ https://bitflyer.jp/
アクセスすると、下の画像のような画面が出ます。「無料アカウント作成」をクリックします。(PCからの登録画面です。)

メールアドレス以外にも、Yahoo!ID、Facebook、Googleアカウントを使用してビットフライヤーのアカウントを作ることができます。

 

2.登録確認メールに記載してあるURLをクリック

電子メールで登録すると、確認メールが届きます。メール記載されているURLをクリックします。

3.各種確認事項に同意する

メールにあるURLをクリックすると、確認ページが出てきます。項目をすべて確認し、チェックを入れます。最後に「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

4.本人情報の登録

確認事項に同意すると、次に本人情報の登録をする画面に遷移します。この手順はスキップすることができますが、入金して自由に仮想通貨を売買したい方は、「本人情報の登録に進む」をクリックして、登録を進めていきましょう。

ちなみに、この手順をスキップすると、「ウォレットクラス」という種類のアカウントになり、本人確認をすることで「トレードクラス」になります。

・ウォレットクラス

本人確認をしない場合はウォレットクラスの登録になります。ウォレットクラスは仮想通貨の送付や預入はできますが、仮想通貨の売買ができません。Lightning Futuresという先物取引はできますが、最大取引額が制限されており、7日間で10万円までとなっています。

・トレードクラス

本人確認をすると、トレードクラスとして口座が開設できます。トレードクラスは、ビットフライヤーの全てのサービスを利用できます。仮想通貨の預入や送付はもちろん、アルトコインの売買もできます。取引額の制限もありません。本人情報登録の画面です。ミスのないように入力してください。次の画面で、本人確認書類のデータをアップロードします。

本人確認依頼が承認されれば、口座開設完了です!

5.パスワードを変更する

ビットフライヤーの口座開設が無事終わったら、次にパスワードを変更します。
ログインして表示されるトップページの画面左下にある「設定」をクリックします。

6.入金口座を登録する

ビットコインなどの仮想通貨を購入する時は、ビットフライヤーの口座に銀行口座を登録しなければなりません。銀行口座の登録はいつでもできますが、アカウント登録と同時に入金しておけば、いつでも仮想通貨の取引ができる状態になります。

ビットフライヤーのトップ画面左側のメニューから「入出金」をクリックすると以下の画面になります。

「銀行口座情報を追加する」をクリックします。

「主要銀行から選択」と「50音から選択」から選択できるようになっています。
また、クイック入金を利用する際は提携銀行を確認し、登録を行って下さい。

クイック入金ができる金融機関は、下の画像のように進むと検索できるようになっています。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の入金方法

ビットフラヤーの口座開設が終わったら、次は入金方法を解説します。

ビットフライヤーの入金方法は、以下の3つです。

 

・銀行振込

・ネットバンク振込(クイック入金)

・コンビニ入金(クイック入金)

ここでは最もオーソドックスな方法である「銀行振込」について解説します。

※クレジットカードの仮想通貨購入について

クレジットカードで仮想通貨を購入することはできるのか?と気になる人も多いと思いますが、ビットフライヤーをはじめ、国内取引所ではクレジットカードでの仮想通貨購入はほとんど不可能です。

わざわざ振込むという作業が面倒な方は、ネットバンク振込を利用するのが良いと思います。

銀行振込での入金のしかた

ビットフライヤーの指定する銀行口座に日本円を振り込むという方法です。

簡単で分かりやすいので、仮想通貨初心者の方でもすぐにできると思います。

これまでの解説の流れの中で、すでに銀行口座を登録されていると思いますので、ビットフライヤーで登録した銀行口座から振り込むようにしてください。

(ここではPC画面を用いて説明しています。)

 

1.メニューから「出入金」をクリックする

2.「日本円ご入金」をクリックします。

 

・三井住友銀行

・住信SBIネット銀行

のどちらかに振込みます。

振込先の名義はいずれも「カ)ビットフライヤー」です。

銀行入金は、銀行の営業日・営業時間に影響されますので、土日や平日の遅い時間帯の入金は反映されるのが翌営業日になります。時間帯によってはクイック入金を利用するのもおすすめです。

銀行の振込手数料のみかかります。

入金後、ビットフライヤーの口座に反映されるまでの時間

銀行入金は銀行の営業日が大きく関わるため、タイミングによっては翌日、もしくは翌営業日に入金されることがあります。平日の正午までに入金が完了すれば、当日中に口座に反映される可能性が高いです。それ以降であれば、翌日から翌営業日中に反映されるかもしれないということを念頭に入れておきましょう。

 

入金が反映されない時は

数日経っても入金が反映されない時は、ビットフライヤーのサポートセンター

(URL:https://bitflyer.com/ja-jp/contactpage?id=4&mode=deposit_request

に問い合わせましょう。問い合わせフォームに必要事項を入力し、サポートセンターにメールを送信します。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の出金方法

ビットフライヤーにある日本円を、銀行口座に出金する時の手順を説明します。

出金の場合、以下のような出金手数料がかかります。事前に確認し、計画的に出金するようにしましょう。

入金の時と同様に、出金もビットフライヤーに登録済みの銀行口座に対して行われます。登録済みの口座で特に問題がなければ、出金したい額を入力し、「日本円を出金する」をクリックします(出金前に出金額を日本円に換金する必要があります)。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】のトレード方法

ビットフライヤーに口座を作成し、日本円を入金すればビットフライヤーのトップページに振り込んだ金額が反映されます。
この状態はビットコインの現物取引(ビットコインをレバレッジを効かせずに所有する方法)はできますが、FXのレバレッジ取引を行うことは出来ません。FXのレバレッジ取引を行うには、使用する証拠金口座に日本円を移動させる必要があります。ここではその手順を解説していきます。

1.トレード画面(bitFlyer Lightning)を起動する

「bitflyer Lightning」とは、ビットフライヤーのトレード画面の名称です。ひとつの画面の中に高機能チャートや取引板、自分のポジションの状況やチャットなどが見やすくまとまっています。ビットフライヤーのFX(レバレッジ取引)は基本的にこの「bitFlyer Lightning」で行います。ビットフライヤーのトップページ左側にメニューが表示されています。その中の「bitFlyer Lightning」をクリックします。

「bitFlyer Lightning」をクリックすると以下のような黒い画面が出てきます。

2.bitFlyer Lightningへの証拠金口座に日本円を移す

bitFlyer Lightningの画面左上に、下の画面のような横三本線のマークのボタンが表示されていると思います。これが「メニューボタン」です。このメニューボタンをクリックし、その中の「入出金」をクリックして下さい。

下の画像が、bitFlyer Lightning入出金の画面です。ここでいう「入出金」とは、「bitflyerの現物口座からレバレッジ取引で使用する口座への資金の移動」の事を意味しています。

ビットフライヤーは現物口座・レバレッジ証拠金口座間の資金(円またはビットコイン)移動に関しては、手数料はかかりません。

 

bitFlyer Lightningの画面の見方

bitFlyer Lightningのページの右上に表示されるマークの見方を説明します。

左から順番に

 

・現物で保有しているビットコインの数量

・ビットフライヤーの現物口座にある円の残高

・レバレッジ口座に預けている証拠金

です。

【ビットフライヤー(bitFlyer)でレバレッジ取引(FX)を行う】

・レバレッジ板を表示する

ビットフライヤーは現物とレバレッジ取引の板が別々に設置されています。そのためそれぞれビットコインの値段も異なります。bitFlyer Lightningの画面の上の方に現在表示されている板が白く表示されるので、レバレッジ取引(FX)をする時は左から2番目にある「BTC-FX/JP」を選択してください。

・レバレッジの倍率を設定する

bitflyer Lightningの画面中央右側に、証拠金などの口座状況が表示してあります。その中に現在のレバレッジ倍率が表示されています。(下の画像赤枠で囲った場所)

デフォルトはレバレッジ15倍となっています。ビットフライヤーは最大15倍のレバレッジをかけることができますが、値動きの激しいビットコインの相場において、15倍というのは非常にリスクの高い倍率です。FX初心者の方は低い倍率に変更しておくことをオススメします。

倍率のところをクリックすると、変更できます。FXの初心者の方は3倍〜5倍くらいにするのが良いでしょう。

・注文を行う

注文はbitflyer Lihgtningの画面中央にある注文画面より行います。(上記画像)数量というのは、注文したいビットコインの数量のことです。価格は注文したいビットコインの価格のことです。上記画像で説明すると、「438,853円で0.01BTC分の注文が出せる」という状態です。この状態から「売り」または「買い」のボタンをクリックすると注文を発注します。

注文方法は大きく分けて

「指値」「成行」「特殊」

の3種類があります。

・指値注文

指値注文とは、自分で好きな注文価格を設定する注文方法です。

指値注文のデメリットは、自分が指定した価格に対して合致する注文がなければ、ずっと注文が約定しないということです。例えば現在のBTC価格が50万円なのに対し、49万円の指値で買い注文を出した場合は、BTCの価格が49万円以下にならなければ注文は成立しませんので注意が必要です。

・成行注文

成り行き注文とは、価格を指定せず逆に売りの場合は最も高い買い板から、買いの場合は最も安い売り板から自動的に発注し注文を成立させます。指値と違い必ず注文が成立します。

成行注文のデメリットは、相場の動きが激しい時に成行注文をすると思わぬ価格で注文が成立してしまうことがあるという点です。

・特殊

注文と同時に決済注文を入れたりする事が可能です。方法が少将複雑なので、トレード初心者の方はまず「指値」や「成行」を使うことをおすすめします。

注文状況の確認

注文をしたら、その注文が無事に成立したかを確認します。

bitFlyer Lightning画面の左下に現在の注文状況を確認できる箇所があります。「注文」欄に表示されている注文は、未成立の注文です。注文を取り消したければ、左側の×マークをクリックすると注文を取り消すことが可能です。成立した注文は、bitFlyer Lightning画面の「取引履歴」に表示されています。

注文したポジションの損益と決済

bitFlyer Lightning画面中の未成立注文が表示してある場所に「建玉」というタブがあります。「建玉」をクリックすると、ポジションの損益が表示されます。

・証拠金維持率

ビットフライヤーでは、証拠金維持率が100%を下回ると新規注文が出来なくなります。また、50%を切ってしまうと強制的にロスカットが発動し、ポジションが決済されます。。証拠金の倍率が高いと、注文と逆に相場が動いてしまった時に証拠金維持率が減っていくスピードが速くなりますので、リスクが高くなります。初めのうちは低レバレッジに設定した方がいいでしょう。ちなみにビットフライヤーでは、ポジションの両建て(売りと買いを同時に持つこと)は出来ません。

・ポジションの決済

注文をし、ポジションを持っただけでは、未確定の状態です。持っている注文に対して同量の反対売買を行うことで、初めて損益が確定します。反対売買を行うには、注文欄から手動で注文してもOKです。また、建玉タブの赤枠で囲ったエリア(下記画像)をクリックすると、反対売買用の注文画面がでてきます。

 

以上がbitflyer Lightningでのレバレッジ(FX)取引の解説でした。仮想通貨取引、およびFX取引は思わぬ損失を出す場合があります。リスク管理をしっかりして売買を行いましょう。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】の二段階認証設定方法

 

・二段階認証とは?

二段階認証とは、通常のログインに加え、更にセキュリティコードの確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

仮想通貨の取引所では通常、メールアドレスとパスワードでログインを行います。

これに加え、二段階認証アプリでセキュリティコードを発行し、二段階で確認します。

ビットフライヤーは、万一の際に資産を補償してくれる制度を設けていますが、二段階認証を行っていない場合は補償の対象外になってしまいます。

二段階認証は必ず設定しておいたほうがいいです。

 

 

二段階認証の設定の手順

・スマートフォンに二段階認証のためのアプリをダウンロードする

・iPhoneの人は「Google Authenticator」(iOS向け)

<URL> https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

・Androidの人は「Google 認証システム」(Android向け)

<URL> https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2

名称は違いますが、どちらもGoogle社が提供する二段階認証用のアプリです。

・ビットフライヤーにログインする

ビットフライヤー(bitFlyer)

<URL> https://bitflyer.com/ja-jp/login

・左下の「設定」をクリックする

・「セキュリティ設定二段階認証を変更する」をクリックする。

・確認コードを入力

二段階認証の設定画面が出てきます。確認コードが記載されたメールが、ビットフライヤーに登録してあるメールアドレスに送信されます。メールに記載されている確認コードを赤枠の中にコピペして、「次へ」をクリックしてください。

次に、変更内容の選択画面が表示されます。

「認証アプリを使う」を選択します。SMSやメールで受け取るのもOKです。自分の使いやすい方法を選びましょう。「いつ使用するか」という項目は、

 

・ログイン時

・外部アドレスの登録時

・日本円の出金時

の3つ全てを選択することを推奨します。いちいち二段階認証を解くのは手間かもしれませんが、セキュリティに関しては対策をしすぎるという事はありません。

変更内容の選択を終えると、QRコードが表示されます。このQRコードをスマホにダウンロードしておいた二段階認証のアプリで読込みます。QRコードを読み込むと確認コードが表示されます。この確認コードを赤枠内に入力し、「二段階認証を設定する」をクリックして下さい。

これで二段階認証の設定は完了です!

【ビットフライヤー(bitFlyer)】はこんな人にオススメ

ビットフライヤーは、特に仮想通貨初心者におすすめの仮想通貨取引所です。ビットフライヤーでは取扱っている通貨は少ないかもしれませんが、その代わり初心者の人でも安心して利用できるセキュリティと、社会的に信用が高い取引所だというのがメリットです。

【ビットフライヤー(bitFlyer)】のまとめ

 

ビットフライヤーは、口座を開設取引所も販売所もあり、ビットコインFXまでできるので、まさにバランスのいい仮想通貨取引所と言えるでしょう。