EMI – 患者データを安全に保存するためのEHRとブロックチェーン技術の結合

EMI – 患者データを安全に保存するためのEHRとブロックチェーン技術の結合

EMI、クラウドベースの医療ITソリューションおよびサービスは、患者の病歴を安全に保管し、長年にわたり医療のデジタル化に困難であった相互運用性の問題を解決する為、同社のElectronic Health Records(EHR)プラットフォームと統合された新しいブロックチェーン技術のリリースを発表しました。これは患者の貴重な健康データへのアクセス権を誰が持っているかを患者が完全に管理できるようにします。これにより、EMI業界では最初にブロックチェーン技術を組み込むことができます。

“現在、医師が新しい患者を見るたびに、その医療従事者の医療実務で使用されるEHR内に新しい医療記録が作成されます。 このアプローチは紙の記録保持よりも確かに効率的ですが、システム内での合致だけが目に見えるため、相互運用性の問題は医師の患者の完全な医療記録を見る能力を制限します。”.

“患者が自分の病歴や他の医療提供者が処方しているかもしれない薬の詳細を積極的に共有しない限り、現在の医師はケアの有効性に悪影響を及ぼす可能性についての死角に取り組んでいます.”

ブロックチェインの統合により、ハッシング技法を使用してリンクされ、保護されているレコードのリストは絶えず増加し、
EMIは、患者データを単一の安全でアクセス可能な場所に外挿する医療記録の「家」を作り出しました。 Hyperledgerと呼ばれるブロックチェイン技術は、コンピュータまたはiOSおよびAndroidアプリケーションのスマートフォンを介して患者の個人健康記録(PHR)にアクセスするためのポータルを含む同社のEHRに直接リンクしています。PHRを通じて、患者は、医師が診療所で使用するEHRシステムがどのようなものであっても、選択した医師に様々なレベルの医療記録アクセス権を付与することができます。 承認された医師がブロックチェーンにデータを追加すると、それらの詳細はリアルタイムでEHRに反映されるため、規制当局のガイドラインに準拠しながら、元のレコードは最新かつ安全で包括的です。

ユーザーの効率性とセキュリティに重点を置いて、EMIは他のEHRベンダーがブロックチェーンにも接続できるようにしています。 この相互運用可能なアプローチは、プロバイダが元のEHRおよび、適用可能なすべてのレコードを1つのデータ入力ポイントにリンクすることによって、ブロックチェーン内のエントリを複製する必要性を排除します。
エントリーを複製する必要性を排除するだけでなく、誰がPHIに触れたか、新しい記録を作成したか、を患者が正確に見ることができるようにログを作成します。ブロックチェーンはまた、患者自身のデータにアクセスする鍵を患者に提供し、データをさらに安全にする。 同社は、患者が医薬品関連の情報に固有のアクセスを提供できるようにする機能に着目し、ブロックチェーン製品を段階的に公開しています。

“この技術は、セキュアなブロックチェーン技術を使用して患者の病歴を保存および管理することができ、医療チームのメンバーがどの情報を参照する必要があるかを特定することができます。これは本当に医療という旅路において患者が運転席に座るということです。”