ESTcorporationの清水社長がご出演!!【じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~】

ESTcorporationの清水社長がご出演!!【じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~】

EMI foundationの第一提携パートナーの、EST corporationの社長である清水史浩社長が

10月11日(木)にテレビ東京にて、

【じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~】という番組に出演いたしました!

今回はそちらの番組で清水社長がお話しした内容を記事にまとめていきたいと思っております!

今回、清水社長がお話しされたのは下記URLの内容の中の
15分40秒~29分03秒あたりになっております。

【じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~】
10月11日(木)にテレビ東京 深夜0時12分から放送

https://video.tv-tokyo.co.jp/jikkuri_kiitarou/episode/00065764.html

今回の番組の内容は≪今キテる!若手経営者 儲けのカラクリ大暴露≫という内容で
IT×医療の風雲児として清水社長が取り上げられております。

清水社長の紹介

 

現在、34歳の清水社長。
既にご結婚されている清水社長の奥様が凄くお綺麗ということで
番組内でも取り上げられておりました(^^)/

 

番組に出ています芸能人の方も沸くほどの綺麗さですね!!!
番組の中で清水社長の年商は10億ちょっととお話しされておりました。
そんな清水社長は岡山県ご出身の方で
現在は、ご自宅は六本木に住まれており、お車はエスカレードとポルシェに乗られているということです!

皆様が一度は憧れる生活をされていますよね・・・どのようなビジネスを展開をしてそこまで
稼いだのでしょうか????

清水社長が手掛けるビジネスとは??

ESTDocという病院の検索・予約予約サイトの展開をしておます。
イメージすると『ホットペッパービューティー』の病院版のようなものです!!

こちらはESTcorporationが日本で初めて病院予約サイトを確立致しました(^^)/

ここで以前公開させて頂きました、
株式会社EST corporationの実績の記事もごさいますで記載しておきます!

ESTDoc

かかりたい病院のエリアや診療科目、日時を入力すると検索結果から出てきた病院を選びウェブ上で予約ができます!
今までは、病院の検索サイトはあったが電話予約をしなくてはありませんでした。病院の待ち時間は平均でも63分と言われており、それを予約と、今後はネット決済導入などを可能にし、待ち時間のない診察を実現させるのが目的です。

契約している病院は首都圏を中心に9000件の医院があり、市場を独占していると言えます。

清水社長が起業したきっかけは??

父親がガンになったのをきっかけに家が貧しくなってしまい、亡くなってしまったが余命半年を宣告されていた父親が、アメリカから輸入した薬を服用すると三年半生き永らえたという過去があったようです。

それを機に「薬の輸入代行をしたい」と思ったのがキッカケに医療にビジネスチャンスを見出したとおっしゃっています。

神戸の大学に進学をされてから勉強とアルバイトの両立をし、
大学を卒業と同時に自分で貯められた500万と母親から借りた500万を足した1000万で
起業をしました。

当時の清水社長の困った性格とは??

人のことを疑うことを知らずに、誰でも信用してしまう性格だったため
「儲かる美容系のシステムがある」と、話を聞いて1000万を出してしまって
結果的に相手に飛ばれてしまい1000万円マイナスからのスタートとなったそうです。

清水社長は当時のことを人を疑うことを知らなかったと振り返っています。
最終的に、22歳の時には借金が5000万まで膨れ上がっていました。。。

また、当時付き合っていた彼女に、家具を持って家を出ていかれるという
災難も降りかかったそうです。苦

どうやって病院検索サイトで大成功したのか

紙に書かれたカルテを電子化をし、パソコンで国に提出をするという法律が
出来たことにより子データ化の代行ビジネスを展開し、一件一件病院に営業をかけ始めたことがきっかけとなりました。

その中で大きな医療法人や医師会との契約がとれたことにより
それを機に、色々な取引先が増えて電子化業界ではトップです!!

 

そして代行業で構築されたコネを使ってウェブ予約システムを売り込み、
提携病院が約9000以上にまで到達し、日本で初の病院検索・予約サイトを実現させました。

予約サイトの儲けのカラクリは?

病院はどちらも初診の患者さんが来ると、病院側も国からお金が診療報酬として初診料を
もらえるうちの、1件当たり3000円のシステム料をもらう契約をしています。


初診料…新しい患者を受け入れた時に病院に発生する報酬

例えば

初診の患者  提携病院   システム利用料  一日の売り上げ

10   × 9000医院 ×  3000円   =  2億7000万円

そして初診料の驚くべき市場規模が、厚生労働省の統計で 年間5億1000万件 もあるとのことです!!
診療科目ごとに初診になるため、耳鼻科、内科などかかる科目によって初診となるためそこまでの市場規模になります。

そうすると清水社長が狙っている市場規模は
上記の計算で考えると。。。。

初診   システム料    市場規模

5億 ×  3000円  =  1兆5000億円

にもなります!!
その市場規模に誰よりも早く目を付けて動かれ、シェアを独占している清水社長は凄いですよね!!

これから来る最新医療ビジネス大暴露!!

※ちなみに、こちらの写真はシリコンバレーで行われました、ブロックチェーンテクノロジーエキスポで撮られた写真ですね(笑)

人工知能やAIに学習をさせるために膨大な医療データに多大な価値がついていて
Google、Apple、Amazonなどの大手企業もそのデータを買い集めている状況

であります。が、しかしその医療データは各医院でしか保管していなく、なかなか集めるのは難しい状況です。

その中で清水社長のEST corporationは日本でトップクラスの医療データのIT化企業であり、
既に世界規模で医療データの収集をしています。

データの漏洩や、ハッキングなどのセキュリティーは大丈夫なの?

インドで優秀なチームを蘇生いたしまして、ブロックチェーン技術を利用して、
セキュリティー面は十分に気を付けているとのことでした!

番組内にも少しEMI projectの内容も触れていますね(笑)

すごい市場規模ですね!!!!
最後に司会の名倉さんもついていくとおっしゃっていました(笑)

まとめ

このようにEMIの実質的に事業の部分を担っているEST corporationの社長である清水社長がこのようなメディアに出演していたり、EMI projectの話をしていなくても、パブリックな場所にどんどん出演をしていくことでprojectに興味を持つ方や応援していただけることに繋がりますよね!

医療データの収集を、すでに始めていることでEMI projectの今後の飛躍に
期待ができます。今後のメディアなどにご出演いたしました際に、記事にしていければと思います(^^)/