日経TECK EXPO2018 EMI project 清水史浩プレゼンテーション

日経TECK EXPO2018 EMI project  清水史浩プレゼンテーション

【日経TECK EXPO2018 EMI project 清水史浩プレゼンテーション】

10月17日(水)~19日(金)に東京ビックサイトで開催されました!
日経XTECH EXPO 2018にてEMIprojectがブースの出展、19日にはセミナー会場にて
プレゼンテーションを行いました(^^)/

今回はそちらの詳細を記事に致します。
まずは、下記URLから是非ともプレゼンテーションの動画を確認して頂ければと
思います!

【日経XTECK EXPO2018】EST corporation 清水史浩プレゼンテーション】
https://www.youtube.com/watch?v=nXj4rQ8nNOo&feature=youtu.be


なお、今回のカンファレンスはICOコンサルティングをメインとして活動しています、Golden paperさんのブースに出展させて頂きました!

EMIファンと致しましては、色々な投資家、または企業に応援されるべきだと思いますので
すごく嬉しい事ですね!

EMIブースの詳細

こちらがEMIブースになります!
同じブースに他社ブロックチェーン関連の会社が2社入っておりまして
3社合同での出展となりました。

このイベント自体が開催前には予想来場者数が70000人と、とても
多くの方が来ることが予想されていましたが、予想通りたくさんの方が
来場されておりました!!
私も3日間ブースの方でたくさんの来場者の方とお話をさせて頂きました!

 

EMIブースでは、パンフレットに合わせてEMIシールと、今回のカンファレンス限定のAirdropカード
をお配り致しました!!
大手企業も参加しているカンファレンスではありましたが、ブロックチェーンのエリアも
興味を持ち、お話を聞きたいという方が多く訪れていれました。

暗号通貨は投資をしたことはないが、ブロックチェーン技術には興味がある、という方や
自分の取り組んでいる事業に取り入れたい!という方が多かったので
ブロックチェーン技術がこの世の中に浸透していくのも遅くはない話だなと感じております。

その中でブロックチェーン技術を取り入れる優位性がないものでも
「ブロックチェーン技術を使っている」という企業も増えているようなイメージです。

 

医療の分野は特に医療データなどは個人情報であり、セキュリティーの部分が非常に重要な問題になりますのでブロックチェーン技術が十分に活かされる分野である

と多くの人にも伝わっていました。

暗号通貨に特化していない方でもブースに立ち寄り、医療のどの部分にブロックチェーン技術が
使用されていくかという点でお話をさせて頂きましたが、特に医療系の企業にかかわっている方から
素晴らしいというお言葉を頂きました(^^)/

EST corporation 清水史浩プレゼンテーション

 

 

日経XTECK EXPO2018、三日目の19日の正午12時半から、セミナー会場7で
EMI foundationの第一提携パートナーであるEST corporationの代表取締役である
清水史浩社長が登壇をされてEMI projectのプレゼンテーションを行いました!

上記の動画では、開始4分弱は今回、応援して下さっているGolden paperさんの
代表取締役の大沼陸さんが、事業内容のご説明をされて、EST corporationの代表取締役である
清水社長のご紹介をされていました。


EST corporationの会社概要、実績に関しましては下記の記事をお読みください!

 

まとめ

今回の内容に関しましては、今までEMIprojectの記事として更新させて頂きましたものと
同じ内容が含まりますので、文章でのご説明は、ご割愛させて頂きます!

3日間お手伝いをさせて頂いきまして、感じたことはEMIprojectは
暗号通貨に精通していない方でも魅力を感じることができますし、
医療とブロックチェーン技術の統合がいかにビッグデータの活用に活かすことができるか
というところです!

またセミナー自体も事前申し込みで、100名限定でしたがイベント開催前から
予約が埋まっていたみたいで、臨時で用意されていた席まで開放してのプレゼンテーションとなりました!

 

今回の日経XTECK EXPO2018は、フィンテック、ブロックチェーン分野のみならず
色々な分野の方が参加されている中での、プレゼンテーションであったため
暗号通貨に特化したイベントとは違う層の方が、EMIprojectの概要を
知って頂けるとてもいい機会になったのではないでしょうか(^^)/

また、EMIprojectののプレゼンテーションを改めて聞いて、

今までのICOは、詐欺であったり、プロジェクトが進行していない、などという事例が後を絶たない中で
暗号通貨の視点ではなく、清水社長は12年間、EST corporationという会社
やり続け、本気で世界の医療を変えたいと思い立った結果がブロックチェーン技術や、暗号通貨を活用していくという結果になったということを強く感じました。

清水社長が医療業界に入られた経緯などは、こちらの
じっくり聞いタロウという番組にご出演された時のものを
まとめた記事をご覧ください!!!

清水社長のEMIprojectに対する思いが、感じることのできるプレゼンテーションになっておりますので、是非ともEMIをご購入された方も、そうでない方も一度上記の
【日経XTECK EXPO2018】EST corporation 清水史浩プレゼンテーションをご覧になって頂ければと思います☺

また、今後もカンファレンスなどの出展に関しては
ご配信させて頂きますのでお楽しみに!!!